ミルクを作る湯冷ましの割合は?やってはいけない危険な事まとめ

Pocket

 

ルクを作るとき、湯冷ましを使うだけで、ミルクを作る時間が大幅に時間短縮ができて、とっても便利ですよね!

 

湯冷ましを使っているとき、ふとした瞬間に疑問に思うのが、湯冷ましとお湯の割合

 

そうなると、湯冷ましの作り方や、保管方法など、これでいいのかな?って疑問がどんどん湧いてきて、不安になるものです。

 

あなたが赤ちゃんのことを真剣に考えているからこその疑問だと思います。

 

 

 

湯冷ましとお湯の割合って?

ミルクを作るときの、お湯と湯冷ましの正しい割合について調べていくと、それこそ色々な意見が出てきます。

 

そうなってくると、「結局どれを信じたらいいの?」ってことになってしまうのは私だけでしょうか?

 

湯冷ましの割合が異なる理由

冷ましを使う割合が異なる最大の原因が何ですか?

 

って言うと、ミルクを溶かすときに使うお湯の温度であったり、使う湯冷ましの温度に関係します。

 

どういうことかと言うと、例えば電気ポットのお湯を、ミルク作りに直接使う人もいれば、電気ケトルのお湯を使う人もいます。

 

電気ポットにしたって、設定温度も人それぞれでしょう。

 

それだけではありません。

 

湯冷ましの保存方法だって、人によっては魔法瓶だったり、ガラス容器や哺乳瓶に入れて冷蔵庫に保存している人だっています。

 

そんなわけですから、ミルクを作るときのお湯と湯冷ましの割合が、説明する人によって異なるのもうなずけます。

 

お湯と湯冷ましの割合より着目すべきこと

ミルクを作るうえで、お湯と湯冷ましの割合以上に大切なことがあります。

 

ミルクとお湯の割合より着目すべき1番大切なことは、ミルクの温度を赤ちゃんが飲みやすい温度に調整することです。

 

具体的な温度で言うと、36℃~40℃くらいがちょうどいい温度になります。

 

ミルクを作るときには、お湯と湯冷ましの割合よりも、こちらに着目して作った方が良いでしょう。

 

 

 

赤ちゃんが飲める温度でミルクを作らない理由

そもそも、最初から赤ちゃんがミルクを飲むことができる温度のお湯でミルクを作れば、湯冷ましを用意する必要もありませんし、温度調整をする必要もありません。

 

それに70℃以上のお湯でミルクを作ることが、どれくらい重要なのか?

 

ってことが分かっていないと、誤ったミルクの作り方をして、赤ちゃんの体調を崩すことに繋がりかねません。

 

70℃以上のお湯でミルクを作る本当の理由

 

実は私も知らなかったのですが、最大の理由はミルクの中に含まれている可能性のある細菌を殺菌することが最大の理由だそうです。

 

70℃以上のお湯を注ぐことで、ミルクの中に含まれている可能性のある細菌を殺菌することができるということです。

 

厚生労働省のあるデータによれば、エンテロバクター・サカザキ菌と言う細菌が粉ミルクの中に潜んでいる可能性があって、その最近が不活化する温度が、70℃以上ということです。

 

湯冷ましの保存方法や保管状態も要注意!

 

多くの方は、水道水を煮沸することで湯冷ましを作ていることと思います。

 

水道水を煮沸することで塩素が取り除かれてしまいますので、雑菌が繁殖しやすい状態と言えます。

 

冷ましを保存する容器の状態や、保管方法によっては、細菌が繁殖してしまっている可能性が高いということです。

 

 

湯冷ましで調乳するときの3つのポイント

湯冷ましを使ってミルクを作るときにの、私なりのポイントを3つにまとめておきます。

 

 70℃以上のお湯でミルクを作る!

 お湯と湯冷ましの量は割合ではなく、赤ちゃんが飲みやすい温度!

 湯冷ましの保存容器と保存方法に注意する!

 

赤ちゃんのミルク作りには、水道直結型のウォーターサーバーもおすすめ

今回の記事はいかがでしたか?

 

赤ちゃんのミルク作りは、ミルク育児をしているママにとって、育児の中でも最も時間を使うことの1つですよね。

 

時間がかかるからこそ、睡眠不足になるなどの育児疲れを加速させる原因にもなります。

 

そこでお勧めなのが、水道直結型のウォーターサーバーです。

 

水道直結型のウォーターサーバーがどういうものなのかということについて一言で言うと、浄水器とウォーターサーバーの良いところだけを合わせたウォーターサーバーです。

 

お湯と冷水が使える水道直結型のウォーターサーバーの最安値で利用できるダイオーズウォーターサーバー「ピュレスト」ですと、毎月2,980円(1日約99円)で利用できます。

しかも、浄水器と違って、温水と冷水をいつでも利用できますし、赤ちゃんのミルクにもそのまま使えまるので、約1分でミルクを作ることができるようになります。

 

それ以外にも、

  • 浄水器に比べて浄水能力が高いフィルターを採用
  • フィルター交換が無料
  • 故障・不具合は無料で対応

してもらえるというお得なサービスも充実しています。

 

ただ、いきなりウォーターサーバーを利用するというのには抵抗があると思います。

 

そういう場合は、無料お試しサービスなどもありますので、まずはそちらを利用してみるといいでしょう^^

ピュレストの他にも、赤ちゃんのミルク作りに使えるウォーターサーバーで無料でお試しできるものもありますので、興味がある方は下記の記事を参考にしてください。

⇒ 【2018年版】ウォーターサーバーで無料お試しができるメーカーまとめ

 

 

商品ランキング

ウォータースタンド

 

【商品レビュー】

 ウォータースタンドの継続率93%が示す高い満足度。

 豊富なラインナップの中から洗練されたスタイリッシュなデザインのウォーターサーバー。

 利用目的に応じたウォーターサーバーを選べる!

 サーバーのレンタル料金のみで利用できるお得な定額制。

 水道直結型のウォーターサーバーなので、面倒な注文もなく、保管スペースもいらず、お水は使い放題!

 ウォータースタンドの公式サイトはこちら 

 楽水ウォーターサーバー

 

 

【商品レビュー】

 水道水を浄水させて、美味しい水を作れる!

 水道直結だから定額制で、使用する水の量を気にする必要がない!

 冷水、温水はもちろん、常温水も手軽に利用できる!

 お水が使い放題で、あらゆるシーンで大活躍!

 楽水ウォーターサーバーの公式サイトはこちら

CoolQoo(クールクー)

 

【商品レビュー】

 1日140円(月額4200円)で、使えば使うほどお得になる、圧倒的なコストパフォーマンス!

 ボトル不要!定額料金で、水使い放題のノンボトル・ウォーターサーバー。

 ボトルウォーターの最先端浄化プラントと全く同じ技術を自宅へ設置。

 水素水生成機能をプラスした水素水コースで、自宅で水素水が飲み放題!

 月々の料金、ボトル交換、保管場所の確保など、ウォーターサーバー使用者なら、ほとんどの人が感じるストレスからの解放!

 

 CoolQoo(クールクー)の公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です