水道管の老朽化が大問題に!家庭の水道水への影響はないの?

Pocket

道管の

老朽化による破裂事故を、
他人事と思って放置していませんか?

 

もし、
水道水が鉄臭いと感じた経験が
たった1度でもあるなら要注意です!

 

 

 

 

 

水道管の寿命って?日本の水道管の実情を調査

「水道管の老朽化」って言う言葉をニュースなどでよく聞きますが、実際にどのくらいの期間使うことができるのかについて調査しました。

また、ここでは、現在使われている全国の水道管が適正に交換されているのかについても解説しています。

 

水道管の寿命

水道管の寿命は、地方公営企業法という法律で減価償却期間(法定耐用年数)が定められています。

※ 償却期間と言うのは、使うことができる期間の事を言います。

 

法律に定められている水道管の法定耐用年数は、現在40年と定められています。

 

ところが、この耐用年数と言うのは、資産価値を評価したものですので、必ずしも耐久性を表したものではありません。

 

水道管の寿命は、実際には使われている水道管によって異なってきますが、交換の目安の一つとなっています。

 

日本の水道管の実情

日本の水道管は、厚生労働省などのデーターによると長さにして約65万㎞。

 

地球1周の長さが約4万キロですから、日本各地に張り巡らされた水道管の長さは、地球16周分もの長さがあるということです。

 

日本各地に張り巡らされた水道管のうち、地球2周分の長さに匹敵する約8万キロが、耐用年数を超えていています。

 

また厚生労働省の資料によれば、水道管の老朽化は今後ますます進行すると見込まれていて、全ての水道管の更新をするのに130年以上もかかると想定されています。

 

 

 

水道管の老朽化が原因で発生する破裂事故の意外な原因とは?

このように調べていくと、なぜ水道管がこれほどまで事故が発生するほど放置されてきたのかについて調べてみると、意外な原因が判明しました。

 

① 水道管の整備された時期

水道管の多くは、高度経済成長期に整備されました。

 

そのお蔭で、今となってはほとんどの地域で安全な水を飲むことができるようになっています。

 

ところが、現在となって、法典耐用年数を超えた水道管が毎年増え続けていることが問題となっています。

 

2006年度から2008年度にかけては、法定耐用年数を超えた水道管の数は、2倍以上に膨れ上がっています。

 

そして、全国の水道管の老朽化が最も進んでいるのは、大阪府と言われていて、全体の4割以上の水道管が老朽化が進んだ水道管と言われています。

 

② 予算の問題

更新が進まない1番の理由は、予算の確保が困難な状況にあることです。

 

予算が確保できない主な理由は、人口の減少と、水道管を更新する費用が十分に計上されてこなかったことが問題と言われています。

 

 

 

飲み水は大丈夫?家庭の水道水への影響

ここまでお話ししてきたとおり、現在日本の水道管の老朽化は急速に増え続けているにもかかわらず、水道管の更新が追い付いていないことが課題です。

 

そしてそれが原因で、各地で老朽化した水道管の破裂事故が発生しています。

 

果たして、水道管の老朽化に伴う問題は、水道管が破裂することだけが問題なのでしょうか?

 

家庭で使う水道水の安全性に問題がないのか、調べてみました。

 

水道管の老朽化によって発生する水道水の問題

水道管の老朽化が進むと、水道管内部が腐食して赤サビが発生します。

 

その赤サビは、水道水をしばらく使わなかったりするなど、水道管に何らかの影響があった場合に、水道水に混ざることがあります。

 

この時、水道水が紅茶のように赤茶色に変色してしまうことが多いです。

 

ところが、一度赤サビが発生してしまうと、目に見えるほどの変化のない場合でも、水道水の中に赤サビが溶け出している可能性があります。

 

※ 赤サビが水道水に混ざることによって、水道水が変色してしまう現象のことを赤水と呼ばれています。

 

赤水の人体への影響

基本的には、赤水を過て少量飲んだ場合でも、直ちに健康上の被害はないと言われています。

 

それと言うのも、鉄は人体に必須の金属であるという理由からですが、いくら鉄が必須金属とは言え、サビを体内に取り込むことに抵抗を感じるのは私だけでしょうか?

関連記事

水道水にサビが!?浄水器でも解決できるのか徹底検証!

水道水にサビが混ざって、水が赤茶色になっていませんか?そう言った症状が、浄水器でも解決できるのか徹底検証してみました!

 

天井や壁からの水漏れ!水道管の老朽化が原因かも?

天井や壁から水漏れが発生した場合には、水道管の老朽化が原因となって、つなぎ目から水が漏れている可能性が考えられます。

 

こういった症状が出たのに放っておくと、漏れた水が壁などに染み込むことが原因で、家の強度が弱くなったり、シロアリを呼び込む原因になってしまうことがあります。

 

天井や壁から水漏れの賞状が出たときは、放置することなく、早めに専門業者に点検してもらうとをお勧めします。

 

 

 

水道管の老朽化が進む今、私たちは何をすべきか?

水道管が老朽化した現在、様々な問題が発生しています。

 

そして、水道管の老朽化に対する対応が遅れていることもまた事実です。

 

現時点では、ニュースなどで見聞きしたりしただけの方がほとんどだと思いますが、いつあなたの身の回りに同じような出来事が発生するとも分かりません。

 

水道水をより安全に利用するためには、私たち一人一人の意識を高めて、いざという時に慌てることなく対処できる準備をしておく必要が求められます。

 

 

 

 

ウォーターサーバーランキング BEST3

 CoolQoo(クールクー)

 

【商品レビュー】

 1日140円(月額4200円)で、使えば使うほどお得になる、圧倒的なコストパフォーマンス!

 ボトル不要!定額料金で、水使い放題のノンボトル・ウォーターサーバー。

 ボトルウォーターの最先端浄化プラントと全く同じ技術を自宅へ設置。

 水素水生成機能をプラスした水素水コースで、自宅で水素水が飲み放題!

 月々の料金、ボトル交換、保管場所の確保など、ウォーターサーバー使用者なら、ほとんどの人が感じるストレスからの解放!

 

 CoolQoo(クールクー)の公式サイトはこちら

 ウォータースタンド

 

【商品レビュー】

 豊富なラインナップの中から洗練されたスタイリッシュなデザインのウォーターサーバー。

 利用期間に応じた料金プランが選べて、サーバーのレンタル料金の身で利用できるお得な定額制。

 水道直結型のウォーターサーバーなので、面倒な注文もなく、保管スペースもいらず、お水は使い放題!

 

 ウォータースタンドの公式サイトはこちら

ライフスタイルウォーター

 

【商品レビュー】

 お試しプラン登場で、3ヶ月間まずは気軽にウォーターサーバーのあるライフスタイルを試せます!

 ボトルの収納スペースがサーバーの下側にあるので、女性や高齢者でも、ボトル交換が簡単です!

 選べる3種類の天然水は、他社と比べてリーズナブルな値段に設定されています。

 ライフスタイルウォーターの公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です