水道水のトリハロメタンに嘘!?浄水器がバカ売れした本当の理由

Pocket

 

最近では、

水道水に含まれるトリハロメタンについて、

 発がん性。

 加熱による危険性の増大。

 

などにまつわる悪いイメージを色々な場面で見聞きしますが・・・。

 

 

・ ・ ・ ・ ・

・ ・ ・

・ ・

 

もそも、水道水に含まれるトリハロメタンを、悪モノと言い切ってしまうのが危険なことって、ご存知ですか?

 

 

 

そもそもトリハロメタンって?なぜ水道水に含まれているの?

トリハロメタンにまつわる根も葉もない事実に迫る前に、トリハロメタンが一体どういうものなのか?ということについて詳しく解説していきます。

 

トリハロメタンが発生するメカニズム

 

トリハロメタンは、浄水場で水中に含まれる細菌を塩素を使って消毒処理しています。

 

この時使われている塩素と、水の中に溶け込んでいるフミン質(植物などがバクテリアなどの微生物によって分解されることでできる物質。)が、化学反応を起こすことで、トリハロメタンが発生します

 

※ 水道水として使用されるダムや河川の水の中には、フミン質と言われる、植物がバクテリアなどの微生物によって分解されることでできる物質が含まれています。

 

 

一般的に、

● クロロホルム

● ジブロモクロロメタン

● ブロモジクロロメタン

● ブロモホルム

の4種類を有害物質をまとめてトリハロメタンと言われていて、正式には総トリハロメタンと言います。

 

塩素消毒は必要?塩素消毒を行う理由

塩素消毒がが有害物質のトリハロメタンを発生させるなら使わなくてもいいのでは?といった疑問が出てくると思います。

 

ところが、もし塩素消毒をしなかったとしたら、水の中に含まれる雑菌が増殖して伝染病が蔓延したり、食中毒が頻繁に発生する可能性があります。

 

確かに、浄水場で、塩素殺菌以外の浄水処理をしていますが、それだけでは小さな細菌のほとんどが除去できません。

 

また、老朽化に伴って不衛生になった水道管の中で雑菌は増殖してしまう可能性だってあるのです。

 

こういった理由から、低コストで、しかもその効果が継続するというメリットがあることから、塩素による殺菌消毒が行われているのです。

 

 

 

トリハロメタンにまつわる嘘とは?

トリハロメタンには、「発がん性」「沸騰で数倍に増える」といったうわさがありますが、トリハロメタンについて調べていくうちに、

一般的に知られている事実とは異なる、ある真実があることが判明しました。

 

トリハロメタンって本当に危険なの?発がん性にまつわる事実を暴露!

トリハロメタンが発見されたのはごく最近の話で、1972年に、オランダのロッテルダム水道のルーク博士がクロロホルムを検出したことが最初です。

 

その後、アメリカのミシシッピ州のハリス博士が「水道水がガンを増やしている。」と言う内容の発表をしたことがきっかけで、トリハロメタンに多くの関心が集まりました。

 

ところが国際がん研究機関(IARC)の見解では、トリハロメタンに含まれる、

● クロロホルム、ブロモジクロロメタンは発がん性が疑われる

● ジブロモクロロメタン、ブロモホルムは、発がん性が分類できない

というようにクラス分け(グループ2B)されていて、発がん性があるとははっきり記載されていません。

 

どういうことかと言うと、人間に対する発がん性の証拠は限られているものの、実験動物における発がん性に対する十分な証拠があるということです。

 

このことから、クロロホルムを人に対する発がん性の可能性がある物質に分類したとされています。

 

水道水に含まれるトリハロメタンはどのくらい?安全性は?

世界保健機構(WHO)による飲料水の安全基準目標に関する「飲料水質ガイドライン」で定められたクロロホルムの基準値は0.2mg/Lに設定されています。

 

日本の水道法ではクロロホルムの基準値を0.06mg/Lと設定していて、世界保健機構(WHO)の基準と比べても、とても厳しく設定されていています。

 

また、世界保健機構(WHO)による飲料水の安全基準目標に関する「飲料水質ガイドライン」で定められたクロロホルムの基準値は、一生涯飲み続けたとしても10万分の1を超えない発がん率で設定されています。

 

このことから、日本の水道水をそのまま飲むことによる発がんのリスクについては、過剰に心配する必要はなさそうです。

 

水道水の加熱でトリハロメタンンが数倍に!?まさかこれもでたらめ?

トリハロメタンに関する話題を調べていくうちに、必ずと言っていいほど耳にするのが、水道水を煮沸したことによるトリハロメタンの危険性の話題です。

 

実際に、水道水を加熱したことによって、水道水の中に含まれるトリハロメタンの量が増えてしまうそうです。

 

ところが、もともと水道水の中に含まれるトリハロメタンの量は、かなり厳しい数値に設定されているので、仮に数倍に増えたとしても厚生労働省の定める0.1mg/Lという基準値を超えるという心配を過剰にする必要もありません。

 

そもそもトリハロメタンは非常に揮発性の高い物質ですから、沸騰直後にトリハロメタンが一時的に増加したとしても、10分以上の沸騰でほとんど消滅します。

 

沸騰したときにトリハロメタンが増加するということに関しては、時間をかけて沸騰することで解決できますので、過剰に心配する必要はありません。

 

あっ、沸騰中は蒸発したトリハロメタンを吸い込んでしまわないように、気を付けてくださいね^^

 

 

 

浄水器がバカ売れした本当の理由とは?浄水器を利用するとき注意すべき3つのポイント

これまでお話ししてきたとおり、水道水に含まれていると言われているトリハロメタンに関する情報は、嘘とまでは言わないものの、事実を誇大に表現した情報が溢れています。

 

その影響から、水道水を飲むことを不安に感じる人が増えて、やがて浄水器ブームが到来しました。

 

 

蛇口直結型やポット型の浄水器を利用すれば、水道水に含まれているというトリハロメタンなどの有害物質を、手軽に取り除くことができます。

 

また、水道水のカルキ臭が気になる方でも、浄水器を利用することで、美味しく水道水を飲むことができるようになったという人もいるくらいです!

 

そんな便利な浄水器ですが、浄水器を利用するときに気を付けておくべきことがあります。

 

 浄水器のカートリッジ交換を必ず行うこと

 

多くの浄水器は、カートリッジに水道水を通過することで、カートリッジ内部にある活性炭や中空糸膜と言う膜に、塩素などの不純物が吸着させて浄水します。

 

水道水を浄水するときに取り除いた塩素などの不純物は、どんどんフィルターに溜まっていくことになります。

 

つまり、浄水器を使用すればするほど、フィルターが目詰まりしていきます。

 

最終的には、フィルターを通ることのできる水道水の量が減っていって、浄水に時間がかかったり、ひどい時には逆流すると言った症状が現れます。

 

そうなってしまうと水道水を浄水できていないことになりますので、浄水器を利用する意味がなくなってしまいます。

 

こういった理由から、決められたタイミングで浄水器のカートリッジを交換する必要があります。

 

 浄水器を清潔に保つこと

 

浄水器のメンテナンスをしっかり行っていないと、すぐに水垢やカビが付着してしまうケースがあります。

 

蛇口直結型浄水器のカートリッジの交換をするときに、浄水器本体の内部がカビだらけになっていたということはよくある話です。

 

またポット型浄水器の場合は、保管場所にも注意が必要です。

 

浄水ポットを、直射日光の当たる場所に保管したり、高温多湿の場所に長時間放置していると、ポット型浄水器の内部にカビが発生しやすくなるので注意が必要です。

 

 浄水した水を適切に保管して早めに利用すること

 

水道水が浄水場から、自宅で使用するまでに雑菌が繁殖しにくい状態に保手ているのは、塩素の効果が持続しているからです。

 

浄水器を通した水道水は塩素が取り除かれた状態ですので、雑菌が繁殖しやすい状態といえます。

 

保管する容器や、保管状態によっては、せっかく浄水した水が雑菌だらけになっている可能性も否定できません。

 

浄水した水を保管する場合は、清潔な容器で、直射日光の当たらない、温度変化の少ない場所で保管する必要があります。

 

よく考えると不衛生では?浄水器の問題点

よく考えると浄水器について、ふとした疑問が浮かびませんか?

 

浄水器で水道水をろ過するとき、水道水に含まれる不純物が付着したフィルターを通過しているということは、浄水のたびに水道水が不純物に触れているということです。

 

つまり、不純物に触れながら浄水されてくるということは、もしかすると不衛生な可能性も否定できません。

 

ということは、より安全な水道水を飲むと言うことを追求するなら、不純物を浄水器本体に取り残さない浄水器を選ぶ必要があるのではないのか?ってことです。

 

 

不純物を完全に分離する!逆浸透膜フィルターとは?

逆浸透膜フィルターを搭載した浄水器は、水道水に含まれる不純物と完全に分離する方法で浄水します。

 

どういう仕組みで浄水するのかと言うと、逆浸透膜性フィルターは水に圧力をかけることで、水分子しか通さない浸透膜を隔てて、不純物を含んだ水と、不純物を取り除いた水に分けます。

 

不純物を含んだ水と浄水した水は完全に分けられますし、不純物を含んだ水は廃棄する仕組みですので、とても衛生的です。

 

また、この逆浸透膜性フィルターを利用した浄水方法なら、水道水中に含まれる塩素やウィルス、あらゆる不純物を取り除くことができます。

 

さらに、逆浸透膜フィルターは、東北大震災以降に問題となった水道水中に含まれる放射性物質までをも除去することができる能力があります。

 

水道水の不満とは永遠にオサラバ!

この逆浸透膜フィルターを搭載した浄水器は、今や沢山の種類が販売されていますが、その中でも特に勧めなのが、CoolQoo(クールクー)というウォーターサーバーです。

 

なぜ、浄水器ではなくウォーターサーバーなのか?
と言うと、常温の水しか出ない浄水器よりも、冷水も温水も使えるウォーターサーバーの方が圧倒的に便利だからです。

 

 

像してみてください。

 

例えば暑い夏に、冷たい水を飲もう思えば、浄水器で浄水した水をポットに移して冷蔵庫で冷やさなければいけません。

 

そうすると、冷蔵庫の中には水ボトルで圧迫されますし、いざ冷たい水を飲もうと思った時には、残量がわずかだったということもあり得ます。

 

また、水を保存する容器を清潔に保っておかないと、雑菌の繁殖のおそれがありますし、保存期限も気にしなければいけません。

 

時間と共に、雑菌の繁殖の恐れがあるからです。

 

また浄水器だと、お湯を作るときにも不便ですよね。

 

浄水器とは別にお湯ポットも必要ですし、お湯のポットの中の残量も気にする必要があります。

 

浄水器の水をやかんでお湯を沸かすにしてもガス代はかかりますし、何より面倒で、時間もかかります。

 

ところがウォーターサーバーなら、どのタイミングでも冷水が使えますし、お湯だって使えます。

 

料理にも使えば、使いようによっては時間短縮もできますよね^^

 

でも、ウォーターサーバーなら常温水が使えないじゃないか?って声も聞こえてきそうですが、そんなこともありません。

 

たしかに常温水が出るように作られてはいませんが、お湯と冷水を上手く組み合わせれば、あなたの好きな温度に調整した水を使うことができます。

 

さらに、あらゆる不純物を取り除いた新鮮なピュアウォーターを使えるCoolQoo(クールクー)なら、赤ちゃんのミルク作りや、離乳食作り、湯冷ましにも使えます。

 

もう、お腹を空かせて泣き叫ぶ赤ちゃんを待たせることもありません。

 

あなたの睡眠時間を削って作っていたミルクも時短できるので、睡眠不足ともおさらばすることだってできる可能性があります。

 

 

1年に1回の有人メンテナンスと、フィルター交換を無料で行ってもらえるサービスもあるので、衛生面でも安心です。

 

逆浸透膜性フィルターを搭載した浄水器と、CoolQoo(クールクー)を比較したとき、逆浸透膜性フィルターを搭載した浄水器以上に、あらゆる利点を兼ね備えていると確信しているからこそお勧めします。

 

安全と安心!その衝撃の価格とは?

ウォターサーバーと言えば高額なイメージがあって、逆浸透膜性フィルターを搭載したCoolQoo(クールクー)も高額なイメージがあると思います。

 

CoolQoo(クールクー)の利用料金ですが、月額定額制の4200円(税別)です。

 

1ヶ月を30日として計算すると、1日当たり140円です。

 

CoolQoo(クールクー)の一ヶ月の電気代は平均して、毎月800~1000円です。

 

同じように1ヶ月を約30日、電気代を1000円として計算すると、1日当たりにかかる費用は約33円。

 

全ての費用を合わせても、
1日約173円です。

 

 

 

世界トップレベルの水道水!だからこそより安全を求めて

日本の水道水に含まれるトリハロメタンの基準値は、世界保健機構で定める基準値に比べて圧倒的に低い基準値が設けられています。

 

もし、水道水を飲み続けたとしても、発がんする確率は極めて低いと言われています。

 

、トリハロメタンが健康に良くないことは間違いありません。

 

それに、東北大震災から月日が経過した今でも、水道水から放射性物質が検出されています。

 

直ちに健康上の問題がないとは言われていますが、これも放ってはおけない問題の1つです。

 

それ以外にも、水道水の臭い、水道水の老朽化に伴う赤水や亜鉛などの不純物の混入など、水道水を利用していて不安に感じることは、数をあげればきりがありません。

 

その度に私たちは、水道水にまつわる不安に振り回されてしまいます。

 

ころが1日約173円の投資をすることで、牛乳すらも真水に変えてしまうほどのろ過能力を有する逆浸透膜フィルターを搭載したCoolQoo(クールクー)を利用することができます。

 

もし今あなたが水道水に不安を感じたり、水道水を飲むことに少しでも抵抗を感じているなら、公式サイトからの申し込みで、初期費用が無料になるキャンペーンを開催している今がチャンスです。

 

 

 CoolQoo(クールクー)の公式サイトはこちらから

 

 

 

ウォーターサーバーランキング BEST3

 CoolQoo(クールクー)

 

【商品レビュー】

 1日140円(月額4200円)で、使えば使うほどお得になる、圧倒的なコストパフォーマンス!

 ボトル不要!定額料金で、水使い放題のノンボトル・ウォーターサーバー。

 ボトルウォーターの最先端浄化プラントと全く同じ技術を自宅へ設置。

 水素水生成機能をプラスした水素水コースで、自宅で水素水が飲み放題!

 月々の料金、ボトル交換、保管場所の確保など、ウォーターサーバー使用者なら、ほとんどの人が感じるストレスからの解放!

 

 CoolQoo(クールクー)の公式サイトはこちら

 ウォータースタンド

 

【商品レビュー】

 豊富なラインナップの中から洗練されたスタイリッシュなデザインのウォーターサーバー。

 利用期間に応じた料金プランが選べて、サーバーのレンタル料金の身で利用できるお得な定額制。

 水道直結型のウォーターサーバーなので、面倒な注文もなく、保管スペースもいらず、お水は使い放題!

 

 ウォータースタンドの公式サイトはこちら

ライフスタイルウォーター

 

【商品レビュー】

 お試しプラン登場で、3ヶ月間まずは気軽にウォーターサーバーのあるライフスタイルを試せます!

 ボトルの収納スペースがサーバーの下側にあるので、女性や高齢者でも、ボトル交換が簡単です!

 選べる3種類の天然水は、他社と比べてリーズナブルな値段に設定されています。

 ライフスタイルウォーターの公式サイトはこちら

“水道水のトリハロメタンに嘘!?浄水器がバカ売れした本当の理由” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です