ウォーターサーバ―の定額制メリットとデメリットは?宅配水と徹底比較!

Pocket

最近では、ウォーターサーバーにも、定額で利用できるウォーターサーバーが登場しました。

 

今回は、ウォーターサーバーの定額制のメリットとデメリットについて詳しくご紹介しています。

 

特にこの記事では、多くのサイトで伝えられている

 

「あまり水を使わない場合は、定額制のウォーターサーバーはお勧めできない」

 

と言う、定額制ウォーターサーバーのデメリットが、根拠のないデタラメであるという衝撃の事実についても詳しく解説しています。

 

そして、この事実が判明したことにより明らかになった、他のサイトでは、決して語られていないある重要なことについてお伝えしていますので、

 

ウォーターサーバーを選ぶときに、

 

○ 月々の料金を重要視している方

○ 体に入る全ての水に、安全で安心な水を使いたい方

 

には、特に最後まで読んでいただけたらと思います。

 

 

 

「定額制のウォーターサーバーってなに?」「よく分からない・・・」って人は、ココをチェック!

ウォーターサーバーの定額制を利用するメリットとデメリットについてご紹介する前に、

 

ここでは定額制のウォーターサーバーが一体どういうものなのかという事について解説していきます。

 

これまでのウォーターサーバーは、水の入ったボトルを注文して自宅に届けてもらって、

 

注文した水のボトルの分だけ料金が発生するというシステムです。

 

ところが最近では、毎月一定の料金を支払うことで、水が飲み放題になる定額制のウォーターサーバーが登場したのです。

 

定額でウォーターサーバーを利用できる驚きの仕組み

なぜ水が飲み放題になるのかというと、水道管にウォーターサーバーを直接して、水道水を高性能な浄水フィルターで浄水して利用するからです。

 

もちろんウォーターサーバーですので、水道水を浄水するだけでなく、

 

これまでのウォーターサーバーと同じように温水も冷水もコックをひねるだけで利用できます。

 

温水と冷水だけでなく、レンタルするサーバーの種類によっては常温水の利用もできるものもあります。

 

つまり、定額制のウォーターサーバーは、浄水器とこれまでのウォーターサーバーの良いところをまるごと取り出したような、

 

次世代のウォーターサーバーと言えるのです!

 

とはいえ、定額制のウォーターサーバーにも、メリットとデメリットがありますので、契約前にしっかりと確認しておく必要があります。

 

 

 

定額制ウォーターサーバーのメリット・デメリット

 

早速、定額制ウォーターサーバーのメリットとデメリット見ていきましょう^^

 

定額制ウォーターサーバーのメリット

定額制ウォーターサーバーは、これまでご紹介してきた通り、水道管に直結して水道水を浄水するタイプですので、

 

水を使い放題という最大のメリットがあります。

 

このように言うと、「水道代はしっかりかかるじゃないか!」って激しくツッコミをされそうですが、

 

東京都の場合、水道料金は1リットルあたり約0.2円と言われています。

 

つまり、諸説ありますが、成人が1日に必要な水分摂取量1.5~2.5リットルを毎日飲んだとしても、

 

水道代は1ヶ月約9円~15円ですので安心してください!

 

とにかく、定額制のウォーターサーバーなら安全な水を、水代を気にすることなく利用できるので、

 

 お米を研いだり、野菜を洗ったり、料理にも使える

 暑い夏に子供がウォーターサーバーの水をがぶ飲みしても料金が気にならない

 ティータイムの時間にコーヒーや紅茶、お茶などにも利用できる

 水割りや、お湯割り用として利用できる

 水ボトルを受け取るために家にいる必要がない

 水ボトルの注文をする必要がない

 新鮮な水を飲むことができる

 スープや味噌汁などの料理にお湯を使うことで時間短縮ができる

 水ボトルの交換をする手間がない

 浄水した水を冷蔵庫で冷やす手間が減る

 ポットのお湯を切らすことがない

 冷蔵庫の中のスペースを取らない

 赤ちゃんのミルクを1分で作ることができる

 サーバーによっては、不純物を取り除いた純水を利用できる

 毎月定額なので家計の管理がしやすい

 

・・・定額制のウォーターサーバーを利用することで、

 

宅配型のウォーターサーバーから乗り換える人にも、初めてウォーターサーバーを利用する人にも数え切れないほどのメリットがあります!

 

が、メリットだけではありません。

 

しっかりとデメリットも確認しておきましょう!!

 

定額制のウォーターサーバーのデメリット

 有名な産地の天然水ではない

 初回設置時の工事が必要

 レンタルするサーバーの種類によって初期設置費用が発生する場合もある

 引っ越しなどの転居のたびに工事が必要

 宅配型のウォーターサーバーに比べて設置場所に制限がある

 長期の出張や旅行などで全く使用しなかったとしてもサーバーレンタル料が発生する

 

このように、調べていけば思わのデメリットもあります。

 

特に、お仕事の都合などで頻繁に転居を伴う引っ越しがある場合は、

 

その都度ウォーターサーバーを移設して設置する費用が発生するので、定額制のウォーターサーバーはお勧めできません。

 

それ以外にも、どうしても天然水が飲みたい方や、水道から遠く離れた場所にウォーターサーバーを設置したいという場合も、

 

水道水を利用する定額制のウォーターサーバーはおすすめできないと言えます。

 

また、長期間家を空けることが多い方にも、

 

ウォーターサーバーを利用した・利用しないに関わらず、ウォーターサーバーのレンタル料金がは発生するので注意が必要です。

 

 

 

「水をあまり使わない場合は定額制のウォーターサーバーがお勧めできない」はウソ情報!?

 

まさかの話なのですが、

 

「水をあまり使わない場合は、宅配型ウォーターサーバーに比べて料金が高くつくのでお勧めできない」

 

という定額制ウォーターサーバーについてよく言われている話を、

 

そのまま鵜呑みにして宅配型のウォーターサーバーを利用すると後悔することになりかねません。

 

それというのも、定額制ウォーターサーバーと宅配型のウォーターサーバーを比べたとき、

どちらがコストパフォーマンスがいいのかどうか?

 

というのは、どのウォーターサーバーを利用するのかどうかということを決めていくときに、気になるポイントの1つではないでしょうか?

 

宅配型のウォーターサーバーの毎月の料金は、利用する水の量で大きく変わってきます。

 

ウォーターサーバーの水を「1日にコップ何杯飲むか?」がポイント!

 

ウォーターサーバーの公式サイトを見ていると、殆どのサイトで

「500ミリリットルあたりの水の料金」

を掲載しています。

 

その料金も、ウォーターサーバーによってばらつきはありますが、ほとんどが50円から80円前後で掲載されています。

 

このように見ると、一見して安く見えますが、これに騙されてはいけません!

 

1日コップ何杯の水を飲みますか?

人によって様々だと思うのですが、起床後・昼・夜・風呂上りなど、1日にコップ4杯ぐらいの水を飲んでいるのではないでしょうか?

 

人によってはもう少し多いかもしれませんし、もしかしたら少ないかもしれません。

 

でも平均すると、1日にコップ4杯くらいというのが妥当なラインだと思います。

 

その水をすべてウォーターサーバーの水で飲んだとすると、1日に800ミリリットルの水を飲むことになります。

 

つまり、一ヶ月でウォーターサーバーの水を24リットル飲むという計算です。

 

○ 4人家族なら、1ヶ月に96リットル。

○ 夫婦二人でも、48リットルです。

 

で、上の表をよく見てみてください!

 

24リットルまでの利用料金なら、

 

宅配型のウォーターサーバーも、定額制のウォーターサーバーも料金はほとんど差がないことが分かると思います。

(※フレシャスに関してはボトル一つあたりの重さが変わります。)

 

 

ところが、24リットル以上使用するとなると、宅配型のウォーターサーバーの利用料金は一気に跳ね上がってしまいます・・・。

 

1ヶ月に96リットル使うとなると、宅配型ウォーターサーバーの料金は、もはや考えたくもないような値段になってしまいますよね(汗)

 

その一方で、定額制のウォーターサーバーなら、24リットル以上使用したとしても、ウォーターサーバーの利用料金は変わりません。

 

それともひとつ、大きな落とし穴に注意です!

宅配型のウォーターサーバーは多くの場合、水ボトルの注文は水ボトル2本以上からでないと注文できません。

 

つまり、下の表の赤い枠で囲った最低利用本数(追加単位)ずつでしか追加注文ができないということなのです。

 

例えば、追加注文本数が2本なら、2本目以降の水ボトルは、4本・6本・8本・・・というような注文方法になります。

 

何が言いたいのかと言うと、公式サイトでは、水ボトル一本あたりの値段で表記されているものがほとんどですが、

 

実際には最低注文本数を定期的に購入することになります。

 

なので、実は宅配型のウォーターサーバーの最低利用料金は、

 

定額制のウォーターサーバーの毎月のサーバーレンタル料とほとんど変わらないということなのです。

 

しかも、宅配型のウォーターサーバーでさらに水を利用しようとすると最低利用金額が加算されていくことになるので、思った以上に高額な料金が必要になってきます。

 

ところが、定額制ウォーターサーバーなら、どんなに水を利用したとしてもウォーターサーバーの利用料金は変わりありません。

 

毎月の利用料金が気にならなかったり、ウォーターサーバーの水をあまり利用しないのなら、

 

宅配型のウォーターサーバーを選ぶというのもアリです。

 

が、せっかくウォーターサーバーを利用するのに、飲み水としてウォーターサーバーの水を使うだけでなく、体に入る水全部にこだわって、

 

どんどんウォーターサーバーの水を利用したいですよね^^

 

 

コスパで選ぶならどっち!?定額制ウォーターサーバーVS宅配型ウォーターサーバー

とにかく、ウォーターサーバーの利用料金を大きな基準として、どのウォーターサーバーにするか検討中なら、

 

利用する水の量が少ないと定額制のウォーターサーバーは割高になる場合がある

 

と言う、無責任な情報に惑わされてはいけません!

 

それよりも、美味しくて安全な水を使用する量を気にすることなく利用できる定額制のウォーターサーバーがおすすめです!

 

【次のページ】 定額制ウォーターサーバーを徹底比較!

⇒ 今すぐ続きを読む

 

定額制ウォーターサーバーランキング

ウォータースタンド

関東地方在住の方で、水道直結型ウォーターサーバーをお探しならこれで決まり!

 

1日当たりの費用

 ナノラピアシリーズ(高機能浄水):約100円~

 プレミアムラピアシリーズ(RO水):約100円~
⇒ 赤ちゃんのミルク作りにオススメのシリーズ

※使用した水道代、電気代、消費税など含まない金額表示のため”約”と表記

メリット

 初期設置費用無料

 年2回の有人メンテナンスが無料

 お試しキャンペーン

 他社からの乗り換え時に発生する解約金(違約金)を最大10,000円まで負担

 ウォータースタンド紹介制度

 長期間使えば使うほどお得に利用できるプランがある

 

デメリット

 サービス対応地域が関東地方だけに限られている

 

 ウォータースタンドの公式サイトはこちら

 

楽水ウォーターサーバー

全国に設置の実績あり!!常温水の利用もできるウォーターサーバーならこれで決まり!

 

1日当たりの費用

 高機能浄水コース:約116円~

 RO水コース:約150円~
⇒ 赤ちゃんのミルク作りにオススメのコース

※使用した水道代、電気代、消費税など含まない金額表示のため”約”と表記

 

メリット

 期間限定でサーバー設置月のレンタル料無料キャンペーン実施中

 ミネラル分を残して浄水する高機能浄水カートリッジ搭載

 レンタル料プラス1,000円(税別)でRO水の浄水タイプのウォーターサーバーが選べる

 長期間使えば使うほどお得に利用できる

 全国の地域に対応している

 

デメリット

 有人メンテナンスがない

 

 楽水ウォーターサーバーの公式サイトはこちら

 

CoolQoo(クールクー)

水素水コースの利用も可能!健康志向の方はこれで決まり!

 

1日当たりの費用

 UFろ過コース:約140円

 RO水コース:約160円
⇒ 赤ちゃんのミルク作りにオススメのコース

 水素水コース:約300円

※使用した水道代、電気代、消費税など含まない金額表示のため”約”と表記

メリット

 年1回の有人メンテナンスが無料

 水素水生成機能をプラスした水素水コースがあり

 全国の地域に対応している

 

デメリット

 サーバーのデザインがオシャレではない

 

 クールクーの公式サイトはこちら

 

 

 

 

商品ランキング

ウォータースタンド

 

【商品レビュー】

 ウォータースタンドの継続率93%が示す高い満足度。

 豊富なラインナップの中から洗練されたスタイリッシュなデザインのウォーターサーバー。

 利用目的に応じたウォーターサーバーを選べる!

 サーバーのレンタル料金のみで利用できるお得な定額制。

 水道直結型のウォーターサーバーなので、面倒な注文もなく、保管スペースもいらず、お水は使い放題!

 ウォータースタンドの公式サイトはこちら 

 楽水ウォーターサーバー

 

 

【商品レビュー】

 水道水を浄水させて、美味しい水を作れる!

 水道直結だから定額制で、使用する水の量を気にする必要がない!

 冷水、温水はもちろん、常温水も手軽に利用できる!

 お水が使い放題で、あらゆるシーンで大活躍!

 楽水ウォーターサーバーの公式サイトはこちら

CoolQoo(クールクー)

 

【商品レビュー】

 1日140円(月額4200円)で、使えば使うほどお得になる、圧倒的なコストパフォーマンス!

 ボトル不要!定額料金で、水使い放題のノンボトル・ウォーターサーバー。

 ボトルウォーターの最先端浄化プラントと全く同じ技術を自宅へ設置。

 水素水生成機能をプラスした水素水コースで、自宅で水素水が飲み放題!

 月々の料金、ボトル交換、保管場所の確保など、ウォーターサーバー使用者なら、ほとんどの人が感じるストレスからの解放!

 

 CoolQoo(クールクー)の公式サイトはこちら

“ウォーターサーバ―の定額制メリットとデメリットは?宅配水と徹底比較!” への3件のフィードバック

  1. […] 「定額制ウォーターサーバーのメリット・デメリット」という記事でも書きましたが、ウォーターサーバーの料金はサーバーの水をどれくらい使うのかということにかかってきます。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です