ウォーターサーバーは赤ちゃんのミルクに必要?最新おすすめ3機種はこちら!

Pocket

 

「俺、手伝うから」

は、アテにならない・・・。

 

 

ぐっすり眠っている深夜でも、あなたが風邪で熱があって何もせずに横になっていたい時でも、

 

 

赤ちゃんがミルクを欲しがっている時には、あなたの都合を全部無視してでも赤ちゃんのミルクを作らなければいけませんよね。

 

そんな時に限って、あなたのご主人が何食わぬ顔して横で寝ていると、

 

「ちょっとぐらい手伝ってよ」

 

って心の中で叫んでしまいそうです・・・。

 

 

しかも、赤ちゃんのミルクを作る時には、粉ミルクを溶かす水を煮沸消毒して、そして粉ミルクを溶かした後に

 

 

水道水にさらしたり、あらかじめ用意していた調乳用の水でミルクの温度調整しなければいけないので、思った以上に時間がかかってしまいます。

 

 

その間、ミルクを欲しがって泣いてる赤ちゃん放っておくのもなかなかに辛いものです。

 

ミルク作りが楽になると、育児が楽しくなる

 

とにかく、赤ちゃんにミルクをあげるって言うことは、本当に大変です。

 

まさに試練!

 

そんなわけで、下手をすると赤ちゃんのミルクを作ることを苦痛に感じてしまったことが原因で、

 

赤ちゃんのことを嫌いになってしまう人もといると言うぐらいですから、もし、ミルクを作ることを少しでも苦痛に感じているならほっておくことができない大問題です。

 

だからこそ、ウォーターサーバーを利用することで赤ちゃんのミルクを作ることが少しでも楽になる可能性を信じて、こちらのサイトに訪れてくれたのだと思います。

 

育児に足りないもの。
第一位は、サポートかもしれない・・・

 

像してみてください。

 

もし、赤ちゃんのミルクを作ることだけでも、誰かが代わりにやってくれたとしたら、どれほど赤ちゃんのお世話をすることが楽になると思いますか?

 

 

・・・・・きっと、
想像以上に赤ちゃんのお世話が楽しくなるはずです。

 

それ以外にも意外な効果として、ご主人にムカつくこともなくなりますw

 

そこで、この記事では、赤ちゃんのミルクを作ることを苦痛に感じることなく、楽しんで育児に取り組める1つのきっかけとなれるように、

 

ウォーターサーバーが赤ちゃんに本当に必要かどうかについてと、記事後半では赤ちゃんのミルク作りに最適な3機種についてご紹介しています。

 

 

 

赤ちゃんのミルク作りには浄水器ではダメ?ウォーターサーバーをおすすめする理由

浄水器は、ウォーターサーバーを利用することに比べて、手軽に利用できることや経費を安く抑えることがでできるのが大きなメリットです。

 

ところが、赤ちゃんのミルクを安全に、手軽に作るということになると、浄水器ではなく、ウォーターサーバーを利用することをおすすめします。

 

ここでは、赤ちゃんのミルク作るには、なぜ浄水器ではなくウォーターサーバーをお勧めする理由について解説していきます。

 

理由1:浄水器の浄水能力の問題

浄水器は性能によって、水道水に含まれる不純物などの除去できる物質が異なってきます。

 

基本的にはほとんどの浄水器で、水道水に含まれる

 

● 塩素

● カビ臭

 

については除去できるのですが、JIS規格に定められる

 

● 濁り(鉄さびなど)

● 総トリハロメタン

● テトラクロロエチレン

● トリクロロエチレン

● 農薬

● 溶解性鉛

● 111-トリクロロエタン

● ブロモジクロロメタン

● クロロホルム

● ジブロモクロロメタン

● ブロモホルム

 

が、浄水器の性能によって除去できる浄水器と、除去できない浄水器に別れます。

 

このような理由から、浄水器を利用して赤ちゃんのミルクを作る時には、一度煮沸した水を利用する必要があるのです。

 

理由2:調乳用の水を作ったとしても保存できない

赤ちゃんのミルクを作る時に、沸かしたお湯で粉ミルクを溶かして、その後に調乳用の水でミルクの温度を調整する方法があります。

 

こうすると、赤ちゃんのミルクを作る時間が短縮できるのですが、浄水器の水をそのまま利用することや、浄水器の水を一度沸騰させて冷ました水を利用することはお勧めできません。

 

その理由として、浄水器を通した水道水は塩素が除去されているので、空気中の雑菌に触れることで劣化していきます。

 

このため保管方法によっては、ミルクの調乳用として保存することで、水に雑菌が繁殖している恐れがあるので、調乳用の水として保存すること適しません。

 

 

 

ウォーターサーバーが赤ちゃんのミルク作りに必要な3つの理由

さて、ウォーターサーバーを赤ちゃんのミルク作りに使うとなると、「ミルクを作るのが楽になる」ということは想像できるのですが、なぜ必要と言えるのでしょうか?

 

ここでは、ウォーターサーバーが赤ちゃんのミルク作りに必要な3つの理由をまとめました。

 

必要な理由1:ミルクを作るのにわざわざお湯を沸かさなくてもよくなった。

ミルクを作るたびに、わざわざお湯を沸かして、哺乳瓶を水にひたして、温度を調整していると20分ぐらいかかります。

 

ところが、ウォーターサーバーのお湯は、そのままミルクの粉を溶かすことに使えますし、冷水で温度を調整することで、慣れてくると、ミルクを作り始めてから60秒ぐらいで完成します。

 

それに、お湯を沸かすヤカンや、電気ケトルなどの洗い物やお手入れをする必要もなくなるというのも、大きなポイントの一つです!

 

必要な理由2: 離乳食や赤ちゃんの水分補給にも使える!

おかゆなどの離乳食を作るのにも、沢山の水が必要になります。

 

離乳食を作る時には、水を沸騰させることが多いので、水道水をそのまま使うのもありといえばありなのですが、

 

実は水道水を沸騰させたとしても、水に含まれる雑菌に対して効果があるだけで、水道水に含まれる不純物を取り除けるというわけではありません。

 

ところがウォーターサーバーなら、水の中に含まれる雑菌も不純物も取り除かれていることから、安心して離乳食にも使えます。

 

それに、 お湯を使うことで調理の時間短縮にもつながりますのでおすすめです!

 

必要な理由3: 買い物のストレスからの解放、ペットボトルなどの保管場所のスペースを取らない

赤ちゃんのミルク作りに、ペットボトルの水を利用していると、常に買い物のストレスがつきまとってきます。

 

具体的には、赤ちゃんに必要なオムツやミルクに加えて、ペットボトルの水を購入するとなると、経費がかさむことはもちろん、結構な荷物になります。

 

インターネットでの購入をしている場合でも、購入したペットボトルなどの保管場所のスペースを確保するのも一苦労ですよね。

 

 

 

ウォーターサーバーを赤ちゃんのミルク作りに使う3つのデメリット

これまで、赤ちゃんのミルク作りにウォーターサーバーが必要な理由についてご紹介してきました。

 

ところが、赤ちゃんのミルク作りにウォーターサーバーを使うことがメリットばかりではありません。

 

ここでは、赤ちゃんのミルク作りにウォーターサーバーを利用するデメリットについてご紹介したいと思います。

 

デメリット1:ウォーターサーバーの費用がかかる

ウォーターサーバーを赤ちゃんのミルク作りに使う一番のデメリットは、お金がかかることです!

 

水道水を利用して、ミルクを作ることに比べれば、毎月4,000円以上の費用が余分にかかります。

 

宅配水型のウォーターサーバーを利用した場合、赤ちゃんのミルク作り以外にも、私たち大人の飲み水や料理などに使うと、そのぶんだけ費用がかさむことは大きなデメリットの1つといえます。

 

デメリット2:水ボトルの注文の手間や保管場所が必要になる

宅配水型のウォーターサーバーを利用した場合、水ボトルの注文や受け取り、購入した水ボトルを保管するスペースが必要になってきます。

 

また、水ボトルをサーバーにセットするのも、主婦にとって手間に感じる方も多いようです。

 

それ以外にも、水ボトルをゴミとして捨てるため、ゴミが増えるなどの問題がもあります。

 

デメリット3:サーバーのメンテナンスの問題

ウォーターサーバーを利用していると、見落としがちなのがメンテナンス。

 

しっかりとメンテナンスを行っていないと、雑菌が繁殖したりする可能性が指摘されています。

 

そもそも安全な水を利用して、赤ちゃんのミルクを作るためにウォーターサーバーを利用するのに、雑菌が繁殖していると意味がないですよね。

 

雑菌を繁殖させないためにも、しっかりとしたメンテナンスをする必要があります。

 

 

赤ちゃんのミルク作りに最適なウォーターサーバー

 

これまでご紹介していたとおり、ウォーターサーバーを利用することで赤ちゃんのミルク作りがとても楽になります。

 

赤ちゃんのミルク作りが楽になることによって、育児が苦痛になることも大幅に軽減されますし、

ご主人が育児に積極的に参加してくれなかったとしても、ムカつかなくなるので、ちょっとしたことで喧嘩になることも防ぐことができます。

 

ところが、ウォーターサーバーにもたくさんの種類があって、ウォーターサーバーの中には赤ちゃんのミルク作りに適さないものもあります。

 

また、先ほどご紹介した赤ちゃんのミルク作りにウォーターサーバーを利用することで発生するデメリットを最大限に押さえることができる優秀なウォーターサーバーのあります。

 

そういったことを踏まえて考えて行った時、赤ちゃんのミルク作りに最適なウォーターサーバーは、水道直結型のウォーターサーバーがお勧めです。

 

「水道直結型のウォーターサーバーって何?」

 

「他のウォーターサーバーとどう違うの?」

 

という声が聞こえてきそうですので、詳しく解説していきます。

 

水道直結型ウォーターサーバーとは?

水道直結型ウォーターサーバーは、水道に直接サーバーをつなぐことで利用するウォーターサーバーです。

 

水道に直接サーバーをつなぐことでどんなメリットがあるかと言うと、

 

 毎月の利用料金はサーバーレンタル料のみ

 利用するウォーターサーバーの水代は水道代のみ

 フィルター交換は無料

 会社によっては有人メンテナンスが無料で受けられる

 

ということです。

 

つまり、ウォーターサーバーを利用することでデメリットになる

 

 水ボトルの注文などに関するデメリット

 サーバーのメンテナンスに関するデメリット

 

の心配がなくなるということなのです。

 

どういうことかというと、通常のウォーターサーバーの場合、水ボトルをサーバーに差し込むことで利用するのですが、

 

水道直結型ウォーターサーバーの場合は、水道水を利用するので水ボトルを必要としないのです。

 

また、どの会社も水道直結型のは他サーバーは最新式のものですので、内部クリーン機能が搭載されているものや、

 

有人メンテナンスを受けることができるので衛生的に利用することができます。

 

それともう一つ、ウォーターサーバーの利用料金に関する問題ですが、水道直結型ウォーターサーバーであれば、

 

使用した水の量だけ水道代はかかるものの、どれだけ水を利用したとしても料金は毎月定額のサーバーレンタル料のみで利用できます。

 

水道代がかかると言うと心配される方もいらっしゃると思うのですが、 1リットル当たり0.2円(東京都の水道代)と言われていますので、

 

極端な話、毎月100リットル使っても約20円しか水道代はかかりません。

 

それに比べて宅配型のウォーターサーバーは、使えば使うほど料金がかかってしまうので、赤ちゃんのミルクだけに使うとしても、毎月高額な費用がかかってしまいます。

 

 

 

赤ちゃんのミルク作りにウォーターサーバーが必要な理由まとめ

赤ちゃんのミルク作りにウォーターサーバーが必要な理由についてなかなかとここまで説明しさせていただきました。

 

こんなにも長くなってしまったのは、赤ちゃんのミルク作りにかかる手間が少しでも楽になることで、想像もできなかったような効果が期待できるからです。

 

その中でも特に伝えたいのが、赤ちゃんのミルクを作ることが手間に感じたことがきっかけで、育児を苦痛に感じてほしくないということです。

 

育児を普通に関してはいないものの、ここまで読み進めてくれたということは、少なからず赤ちゃんのミルクを作ることが手間に感じているはずです。

 

ウォーターサーバーを利用するだけで、赤ちゃんのミルクを作ることに対する苦痛を全く感じることすらなくなるはずです。

 

そうすることで、これまで以上に、

赤ちゃんのことを愛することができるようになるはずです。

 

少しでも赤ちゃんのミルクを作ることに手間を感じているなら、育児を苦痛に感じてしまう前に、今すぐウォーターサーバーの利用を検討されてみてはいかがでしょうか?

 

赤ちゃんのミルク作りに最適なウォーターサーバーランキング

ウォータースタンド

1日当たりの費用

 ナノラピアシリーズ(高機能浄水):約100円~

 プレミアムラピアシリーズ(RO水):約100円~
⇒ 赤ちゃんのミルク作りにオススメのシリーズ

※使用した水道代、電気代、消費税など含まない金額表示のため”約”と表記

メリット

 初期設置費用無料

 年2回の有人メンテナンスが無料

 お試しキャンペーン

 他社からの乗り換え時に発生する解約金(違約金)を最大10,000円まで負担

 ウォータースタンド紹介制度

 長期間使えば使うほどお得に利用できるプランがある

 

デメリット

 サービス対応地域が関東地方だけに限られている

 

 ウォータースタンドの公式サイトはこちら

 

 ウォータースタンドの詳細はこちら

 

CoolQoo(クールクー)

1日当たりの費用

 RO水コース:約140円
⇒ 赤ちゃんのミルク作りにオススメのコース

 水素水コース:約300円

※使用した水道代、電気代、消費税など含まない金額表示のため”約”と表記

メリット

 初期設置費用が無料になるキャンペーン実施中

 年1回の有人メンテナンスが無料

 水素水生成機能をプラスした水素水コースがあり

 全国の地域に対応している

 

デメリット

 RO水(ピュアウォーター)のウォーターサーバーしか選べない

 

 クールクーの公式サイトはこちら

 

 CoolQoo(クールクー)との詳細はこちら

 

 

楽水ウォーターサーバー

1日当たりの費用

 高機能浄水コース:約116円~

 RO水コース:約150円~
⇒ 赤ちゃんのミルク作りにオススメのコース

※使用した水道代、電気代、消費税など含まない金額表示のため”約”と表記

 

メリット

 期間限定でサーバー設置月のレンタル料無料キャンペーン実施中

 ミネラル分を残して浄水する高機能浄水カートリッジ搭載

 レンタル料プラス1,000円(税別)でRO水の浄水タイプのウォーターサーバーが選べる

 長期間使えば使うほどお得に利用できる

 全国の地域に対応している

 

デメリット

 有人メンテナンスがない

 

 楽水ウォーターサーバーの公式サイトはこちら

 

 楽水ウォーターサーバーの詳細はこちら

 

 

 

商品ランキング

ウォータースタンド

 

【商品レビュー】

 ウォータースタンドの継続率93%が示す高い満足度。

 豊富なラインナップの中から洗練されたスタイリッシュなデザインのウォーターサーバー。

 利用目的に応じたウォーターサーバーを選べる!

 サーバーのレンタル料金のみで利用できるお得な定額制。

 水道直結型のウォーターサーバーなので、面倒な注文もなく、保管スペースもいらず、お水は使い放題!

 ウォータースタンドの公式サイトはこちら 

 楽水ウォーターサーバー

 

 

【商品レビュー】

 水道水を浄水させて、美味しい水を作れる!

 水道直結だから定額制で、使用する水の量を気にする必要がない!

 冷水、温水はもちろん、常温水も手軽に利用できる!

 お水が使い放題で、あらゆるシーンで大活躍!

 楽水ウォーターサーバーの公式サイトはこちら

CoolQoo(クールクー)

 

【商品レビュー】

 1日140円(月額4200円)で、使えば使うほどお得になる、圧倒的なコストパフォーマンス!

 ボトル不要!定額料金で、水使い放題のノンボトル・ウォーターサーバー。

 ボトルウォーターの最先端浄化プラントと全く同じ技術を自宅へ設置。

 水素水生成機能をプラスした水素水コースで、自宅で水素水が飲み放題!

 月々の料金、ボトル交換、保管場所の確保など、ウォーターサーバー使用者なら、ほとんどの人が感じるストレスからの解放!

 

 CoolQoo(クールクー)の公式サイトはこちら

“ウォーターサーバーは赤ちゃんのミルクに必要?最新おすすめ3機種はこちら!” への8件のフィードバック

  1. […] ⇒ 多くのママが実感した、「安全面・コスト・手軽さ」 全てを兼ね備えた「最先端の赤ちゃんのミルクの作り方」とは? […]

  2. […] ⇒ 「作らない・保存しない」湯冷ましを利用したミルクの作り方はここちらをクリック […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です