湯冷ましの保存期間がはっきり分からない!ってお困りですか?

時間の経過とともに、
湯冷ましの中の雑菌が増殖していることご存じですか?

 

わたしも子供が小さい頃は湯冷ましを利用してミルクを作っていました。

 

ところが、湯冷ましを利用してミルクを作ったことが原因で子供が体調を崩したことがあります。

 

原因は、湯冷ましの保存時間でした・・・。

 

湯冷ましの保存期間

湯冷ましは、常温で保存するか、冷蔵庫で保存するかで、保存期間が異なります。

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

冷蔵庫で保管した場合の保存期間

冷蔵保存を利用した場合は保存期間は2日〜3日に伸びるようですが、あくまでも目安です。

 

衛生的にも早めに使い切ることをおすすめします。

常温で保存した場合の保存期間

湯冷ましの保存期間は常温保存で1日だと言われています。

 

私が出産した産院の助産師さんも「湯冷ましは涼しいところで保存して1日で使い切りましょう」と教えてくれました。

湯冷ましの保存期間を守るべき理由

湯冷ましは、水道水に含まれる雑菌やウイルスを殺菌するためと塩素を除去するために、一度沸騰させたお湯を常温で冷ましたものですので、塩素を除去した水は菌に弱く菌が繁殖しやすいという問題点があります。

 

なので、湯冷ましの保存期間は必ず守りましょう。

実話!湯冷ましの保存期間を守らなかった同僚の話。

実は以前、職場の同僚が赤ちゃんのために用意して余った湯冷ましを保存期間が過ぎたことに気づかずに飲んで腹痛を起こしたことがあるんです。

まさか湯冷ましで腹痛を起こすなんて、と同僚も驚いていました。

同じ目に合わないように、腹痛を起こして以降は湯冷ましを入れた容器に「○月○日○時○分」も書いた付箋を貼っていると教えてくれました。

湯冷ましの常温保存と冷蔵庫での保存の違いは?

湯冷ましを常温で保存するか、冷蔵庫で保存するかで水の安全性に大きな違いがあります。

 

湯冷ましは、塩素が除去されているため、水道水を保存するときに比べて雑菌が繁殖しやすくなっていると言われています。

 

水中の菌が繁殖しやすい温度は37度前後で、10度以下になると菌の繁殖がしづらくなると言われています。 

 

冷蔵庫の冷蔵室は10度以下の設定となっていますので、湯冷ましを常温で保存するよりも冷蔵庫で保存する方が雑菌の繁殖を防ぐことができるのではないでしょうか。

湯冷ましの保存は冷蔵庫の方が安心な理由

水の安全性を最優先に考えると、湯冷まを常温で保存するよりも、冷蔵庫で保存した方が安心です。

 

湯冷ましを保存するには、常温保存でも涼しくて直射日光を避ければ1日持ちますが逆に言うと・・・。

 

時間の経過とともに、雑菌が繁殖し続けているということですよね。

 

常温保存に比べて冷蔵庫で保存した方が湯冷ましを長く保存できるのですから。

 

湯冷ましを冷蔵庫で1時間保管した場合と常温保存した場合を比較すると、常温保存の方が雑菌がより多く増殖していると言うことになります。

 

湯冷ましを常温保存で保管することはお勧めではない理由

  • 暑い夏場の涼しい場所か?
  • 過ごしやすい春・秋の涼しい場所か?
  • 手もかじかむ寒さの冬の涼しい場所か?

 

によって、常温保存する場合の温度も湿度も違います。

 

それに、同じ季節だとしても、住んでいる場所によって気候が違うので、明確な基準がないというのが本当のところかなぁ。と、個人的には考えています。

 

それと言うのも、我が家ではこんな体験をしているからです。↓

ストーブを付けないといけないくらい寒い日の朝に作った湯冷ましを利用していたのに、わが家の子供が体調を崩しました・・・

なので、安全性を考慮するなら、その都度湯冷ましを作ったほうが安心ですよね。

 

とは言え。湯冷ましを毎回作るのなんて面倒くさいです・・・なので我が家では。

浄水器で浄水した水道水を、そのまま湯冷ましとして利用し始めました。

 

水道水を浄水した水をそのまま湯冷ましとして利用できる浄水器の詳細はこちら

湯冷ましを冷蔵庫で保存するデメリット

湯冷ましを冷蔵保存するか常温保存するかで洗い物が増える可能性があります。

 

例えば、冷蔵保存した湯冷ましを赤ちゃんの水分補給として使う場合。

 

冷蔵庫で保管していた湯冷ましを、赤ちゃんが飲み頃の温度まで、お鍋やヤカンなどを利用して適温まで温める必要があります。

 

ところが常温保存の場合は、そのまま赤ちゃんに与えることができるので、赤ちゃんを待たせずすぐに飲ませることができますが、保管方法には注意が必要です。

湯冷ましの保存は安全性を最優先に冷蔵庫で保管するのがベスト!保存容器にも細心の注意を!

湯冷ましを利用する上で最も大切なことは、安全な湯冷ましを利用すると言うことですよね。

 

赤ちゃんの湯冷ましを利用するときには、保存方法や保存期間の他にも。湯冷ましを保存するのに適した容器を選ぶことも重要です。

また、最近では、安全に赤ちゃんの湯冷ましを利用する方法として、赤ちゃん用の純水を利用したり、ウォーターサーバーを利用する方法も注目されています。

赤ちゃん用の純水は自宅での利用も、外出用としても安心!

和光堂【ベビーのじかん】赤ちゃんの純水500ml〔離乳食・ベビーフード 〕 (ベビーノジカンアカチャン)

価格:92円
(2019/9/22 18:43時点)
感想(0件)

↑こちらから楽天で購入できます。

 

例えば、赤ちゃん用の純水を湯冷ましとして利用するのもお勧めです。

 

なにより、外出時にもそのまま利用できるのでとっても便利です。

 

赤ちゃんの純水をミルクの湯冷ましとして持っていれば、外出先で赤ちゃんが突然泣きはじめたとしても、慌てることなく調乳ができます。

 

それに、災害時の備蓄水としても安心して利用できるので、購入しておかない手はありません!

 

赤ちゃんの純水は、もちろん自宅でも大活躍!

 

さらに、赤ちゃんの純水をペットボトルのママ利用できるウォーターサーバーと組み合わして利用すれば、ミルクも1分で作れてとても便利です!

今なら2ヶ月間無料!
赤ちゃんの純水のペットボトルがそのまま使える↓

 

ウォーターサーバーを利用すれば湯冷ましの保存期間も気にしなくて良い!

ウォータースタンドでミルクを作る状況

ウォーターサーバーを利用すれば、湯冷ましの保存期間を気にせず利用できるのもミルク育児中のママから選ばれるポイントです。

 

例えば、ウォーターサーバーを利用すれば、約1分でミルクを作れます!

 

だって、ミルクを溶かすお湯も、ミルクを冷ます湯冷ましも、いつでも好きなときに利用できるからです。

 

とは言え、どのウォーターサーバーでもミルク作りに向いているわけではありません。

 

それというのも、ウォーターサーバーによっては、

 

  • 利用すればするほど利用料金が高くなる(10000円超え)
  • 初期費用が高い
  • 契約年数が3年と長期間
  • 水の注文・受け取り・保管・交換など手間がかかる

 

など逆に手間がかかるウォーターサーバーが多いのが事実

だからこそ、多くのウォーターサーバー利用者の多くが、「ウォータースタンド」と言うメーカーへ乗り換える費とが後を絶たないんだそう。

 

ウォータースタンドなら、

 

  • 毎月定額のサーバーレンタル料金のみでお水は使い放題
  • 初期費用無料
  • 契約期間1年
  • 水の注文・受け取り・保管・交換不要
  • 専門スタッフによるメンテナンス無料
  • 故障・不具合の発生時も対応無料

 

と言う驚きのサービスが展開中です。

 

なので、わが家でも早速導入!

 

幼稚園の子供も使い倒しています(爆)

 

 

今だけ無料お試し可能!
赤ちゃんのミルクにそのまま使える↓

【ウォータースタンド】の公式サイトはこちらをタップ⇒


 

 

 

 

 

ウォーターサーバーランキング
ウォータースタンド
ウォータースタンドが選ばれる理由
  1. 業界唯一!初回設置費用が無料
  2. 【期間限定】他社から乗り換えキャンペーン実施中!
  3. 専属の担当スタッフによる訪問サービスを受けられる!
  4. 【業界最短】契約期間が1年!
  5. 利用目的に応じて選べる豊富なラインナップ!
楽水ウォーターサーバー
楽水ウォーターサーバーが選ばれる理由
  1. 【業界最安値】1日99円から利用可能!
  2. 利用年数に応じて料金が割引になるキャンペーン実施中!
  3. 【業界唯一】大型容量サーバーの取り扱いでオフィス利用にも最適!
  4. オーバーホール品ではなく新品の機種を利用可能!
  5. ピュレストの販売台数NO.1の実績を誇る全国対応の代理店!
ピュレスト
ピュレストが選ばれる理由
  1. 【業界最安値】1日99円から利用可能!
  2. シンプルな利用料金がわかりやすいと大好評!
  3. 利用前には無料で1週間お試しができる!
  4. 卓上タイプでも床置きタイプとタンク容量が同じ
  5. 【全国対応】ダイオーズのサービスなので安心!
CoolQoo(クールクー)
CoolQoo(クールクー)が選ばれる理由
  1. 【業界唯一】水素水生成機能をプラスした水素水コース!
  2. 自宅で水素水が飲み放題!
  3. 有人メンテナンスのある水道直結式ウォーターサーバーで唯一の全国対応!

 

ウォーターサーバーの記事一覧(横にスライドできます)
ウォータースタンド
ピュレスト
CoolQoo(クールクー)
おすすめの記事