調乳用湯冷まし容器はどれがいい?使ってはいけない容器とは?

Pocket

調乳時の湯冷ましの容器は、を使用すればいいですか?

 

 

ママ友や雑誌などの情報によると、調乳用の保存容器として使っている主なものとして、

 

● 哺乳瓶

● プラスチックの水筒

● 耐熱ガラスの容器

● 魔法瓶

 

など意見は様々です。

 

 

 

湯冷ましの容器どれがいいの?!

ってなりませんか?

 

せっかく煮沸消毒して、カルキも飛ばしたのに、湯冷ましを入れる容器によって、雑菌が繁殖したりしないか心配です。

 

だからこそ相談したのに、色々な意見があると、

 

結局どれにしようか迷ってしまって、どうしたらいいか分からなくなってしまいますよね。

 

私なんか、「どれでもいいよ。」なんて言われると、いつもどれにしようか迷ってしまって、決められなくなってしまいます。

 

最終的には、もうどうでもよくなるって言うか・・・(爆)

 

で、そんなときにこそ発想の転換です!

 

 

 

湯冷ましの容器で使わない方がいいものってあるの?

これがキーポイントです。

 

使わない方が良い容器を知っておけば、それ以外の容器は使っていいということになりますものね^^

 

で、何を使わない方が良いの?って言うことですが、考え方は2つ。

 

 容器の成分が溶けやすい物は避けるべし!

 消毒がしにくい容器は避けるべし!

 

温度によって、容器の成分が溶け出しやすいものは避けた方がいいです。

 

どういうものが容器の成分が溶けやすいか?って言うことを具体的に言うと、

ペットボトル

 

です。

 

 

 

 

湯冷ましの容器にペットボトルを避けるべき2つの理由

 

湯冷ましを作るとき、沸騰してカルキを飛ばしたお湯を冷まして使う方がほとんどだと思います。

 

● 1つ目の理由

やかんで沸騰させるにしても、電気ポットなどのお湯を利用する場合も、ペットボトルに直接お湯を入れて冷ますことができないことです。

 

 2つ目の理由

煮沸した水は、塩素が飛んでいる状態ですので、雑菌が繁殖しやすく、保存容器の状態や、保存方法などによって衛生面が心配される恐れがあることです。

 

 

 

調乳用の湯冷ましお勧めランキング

 

 耐熱ガラス容器

 熱湯をそのまま入れることができる。

 密閉できる。

 消毒が容易。

 

 

 哺乳瓶

 熱湯をそのまま保存できる。

 冷蔵庫に収まりやすい。

 消毒が容易。

 

 

 

でも、1番お勧めしたい調乳用の湯冷ましは【保存しない】ことなのです・・・

 

ここまで湯冷ましの保存容器の方法についてお話ししてきましのに、

 

 「何言ってるんですか!」

 「ふざけないでよ!」

 

って言われそうですが、怒らずに最後まで聞いてください(汗)

 

もし、本当に雑菌の繁殖を防ぐことが目的なら、

 

保存した湯冷ましより、毎回ミルクのたびに湯冷ましを作れば、雑菌の繁殖が防げますし、安心ですよね?

 

でも、「それが手間だから、湯冷ましを保存するんじゃないか!」って話なのですが・・・

 

 

【この記事の続きはこちらから!】

⇒ 今すぐ続きを読む!

 

商品ランキング

ウォータースタンド

 

【商品レビュー】

 ウォータースタンドの継続率93%が示す高い満足度。

 豊富なラインナップの中から洗練されたスタイリッシュなデザインのウォーターサーバー。

 利用目的に応じたウォーターサーバーを選べる!

 サーバーのレンタル料金のみで利用できるお得な定額制。

 水道直結型のウォーターサーバーなので、面倒な注文もなく、保管スペースもいらず、お水は使い放題!

 ウォータースタンドの公式サイトはこちら 

 楽水ウォーターサーバー

 

 

【商品レビュー】

 水道水を浄水させて、美味しい水を作れる!

 水道直結だから定額制で、使用する水の量を気にする必要がない!

 冷水、温水はもちろん、常温水も手軽に利用できる!

 お水が使い放題で、あらゆるシーンで大活躍!

 楽水ウォーターサーバーの公式サイトはこちら

CoolQoo(クールクー)

 

【商品レビュー】

 1日140円(月額4200円)で、使えば使うほどお得になる、圧倒的なコストパフォーマンス!

 ボトル不要!定額料金で、水使い放題のノンボトル・ウォーターサーバー。

 ボトルウォーターの最先端浄化プラントと全く同じ技術を自宅へ設置。

 水素水生成機能をプラスした水素水コースで、自宅で水素水が飲み放題!

 月々の料金、ボトル交換、保管場所の確保など、ウォーターサーバー使用者なら、ほとんどの人が感じるストレスからの解放!

 

 CoolQoo(クールクー)の公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です